時計修理の千年堂が、ユーザーより高い評価を頂くのにはそれなりの理由があるものです。時計修理の千年堂の評価が高い理由としては、顧客対応の良さはもちろんですが、やはりそこには確かな技術を備えた時計技師の存在fがあるからではないでしょうか。

 

そこで今回は、そんな時計修理の千年堂を支える時計技師達の評価が高い、その理由などについてお伝えしてみようと思います。

 

これができていない時計技師が多すぎる!

 

時計技師にとって大切であり、これがないと始まらないとされているのが、ドライバー・ピンセット・キズミといった時計技師における三種の神器といった工具です。

 

ドライバーは時計技術者にとって重要な工具です。優秀な時計技師は、徹底的に研ぎ方を練習し、すばやく正確に研げるようになっているのが当たり前です。時計に使われているマイナスネジは、構造が簡単なために非常に繊細な取り扱いが要求されます。

 

少しでもサイズが合わないドライバーを使用するだけでネジ山にキズをつけてしまいます。

STUDIO BREITLING.comneji
これは以前、別の時計修理店でオーバーホールされた時計のマイナスネジの写真です。サイズの合わないドライバーを使ったことにより、ネジの端がめくれてしまった状態のマイナスネジですが、このような扱いを受けた時計を見ることは、時計技師にとってはとても悲しいことです。

 

時計技師にとってドライバーは微妙なサイズの違いがあったりするので、修理の際はその都度ドライバーの微調整を繰り返す必要があります。
STUDIO BREITLING.commainasu

そのためドライバーの調整は時計技術者に必須の技術なのです。ですが、当たり前のことができていない時計技師が多いのもまた現実としてあるようです。

 

また、時計修理の千年堂の時計技師達は、一定以上の力が加わると、ドライバーの先端が空回りする仕組みで、均一なトルクでネジを締めるために欠かせないトルクドライバーなども使って作業をこなすようです。

 

次に大切な工具となるのがピンセットです。

STUDIO BREITLING.compinset

このピンセットは、時計技師が毎日必ず使う絶対に必要な工具であり、それぞれの技術者が自分に最も使いやすいようにカスタマイズされているのが普通のようです。

 

ですので、同じ用途のための似たようなピンセットが並んでいたとしても、手に取れば自分のものであるのかそうでないのか判別できるそうです。そのようなピンセットは、使い込むほどに自分の指先のように自由自在に動かせるようになるようです。

 

時修理の千年堂の時計技師達は、その形状だけではなく、素材や仕上げ、摘む時のテンションの違いなどにあわせて様々なピンセットを使い分けているようです。

 

最後に

 

 

今回は、時計修理の千年堂がユーザーからの高い支持を受ける一つの理由として、千年堂における時計技師達の存在についてお伝えしてみました。

 

今回ご紹介した千年堂の時計技師達は、時計技術者として当たり前のことなのかもしれません。ですが、この当たり前の事を行っていない、もしくは行おうとしない時計技師が多く存在していることも事実です。

 

このような時計技師に、あなたの大切な時計を預けることは、あなたにとって残念な結果を生むだけです。時計修理・オーバーホールを行う場合は、当たり前のことですが優れた時計技師に任せることが大切ですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。