あなたのお持ちの時計が修理・オーバーホールの必要になった時、最も有力な依頼先はその時計のメーカーが第一候補になると思います。しかし、このメーカー依頼においては「値段が高い」「メリットを感じない」「信用出来ない」などの理由から、メーカー以外の民間の時計修理専門店へ時計修理・オーバーホールを持ち込むユーザーが増加しています。

そんな時計修理専門店の中でも、その知名度とメーカー以上の対応で多くの時計ユーザーからの依頼を集めているのが「時計修理の千年堂」です。ですが最近は、千年堂に持ち込まれる時計修理・オーバーホールの依頼キャンセルが増加しているとも聞きます。

そこで今回は、「時計修理の千年堂」での時計修理・オーバーホール依頼のキャンセル増加理由についてお伝えしていこうと思います。

 

時計修理の千年堂に多いキャンセルの理由3つ!

 

確かな技術とリーズナブルな価格で信頼を集める「時計修理の千年堂」ですが、残念ながら見積もり後のキャンセルが最近多くなっていると聞きます。中には依頼者側によってキャンセルが行われることもあります。

一体どんな理由でキャンセルが行われるのか?
その理由として、次の3つが大きな原因となっています。

 

① 納期:予想していた納期とは違った

 

時計修理・オーバーホールの依頼者が考えていた「納期」と、実際の見積もり後に提示される「納期」に違いが生じる場合です。このような場合は、見積もりで提示された納期に不満があり、依頼者側からキャンセルが行われます。

「時計修理の千年堂」は、迅速な対応による時計修理・オーバーホールで出来るだけ早期の納期を心がけておりますが、近年では時計修理・オーバーホール依頼が殺到しており、その迅速な納期対応が出来ていないのが現状です。

通常であれば、見積もりを含めて3~4週間ほどで修理/返送ができますが、近年の「時計修理の千年堂」の評判と知名度の高まりから迅速な納期のお約束が出来ない状況となっています。

ですので、もしも「時計修理の千年堂」での対応を希望ならば、通常のような迅速な納期を希望されないほうが良いかもしれません。期間に余裕をもって時計修理・オーバーホールの依頼をする事がおすすめです。

また、ロレックスやオメガといった人気ブランドが他の時計よりも多く依頼されることも長めの納期の原因となっています。「時計修理の千年堂」での時計修理・オーバーホールは、その時計メーカーに特化した時計技師の手に委ねられますが、依頼が多いとロレックスやオメガの時計を対応する時計技師が不足するため、結果納期が遅くなります。それ以外の時計であれば比較的迅速な対応が期待できるでしょう。

 

② オーバーホールを伴わない依頼:部品交換のみ等

 

外装部品のみの交換や、見積もり時に指摘された交換部品のみの交換を希望されるような場合に、「時計修理の千年堂」側から行われるキャンセルです。

「時計修理の千年堂」は、メーカー以上の対応とリーズナブルな価格で多くの時計ユーザーから支持されている時計修理専門店ですが、このリーズナブルな価格と迅速な対応を維持できているのは、オーバーホールを伴わない時計修理を受け付けていないからとなります。

ですので、「部品交換だけ」「ベルトの修理のみ」「外装の研磨のみ」といった、オーバーホールを伴わない時計修理においては引受をお断りしております。

時計修理の専門店の魅力であるリーズナブルな価格の維持や、多くの時計技師確保のためには「採算が取れない」オーバーホールを伴わない時計修理を残念ながらお断りしなければなりません。

そのような場合はメーカーでの対応が良いかと思いますが、メーカーの場合、オーバーホールを伴わなくても高額な費用になります。それであれば、初めからオーバーホールを含めた依頼の検討をされた方が良いのかもしれませんね。

 

③ 対応出来ないメーカーの依頼:部品入手が困難なモデル等

 

「時計修理の千年堂」であっても、その時計の純正部品の入手が困難なメーカーが存在します。これらの特定のメーカーに関しては対応ができないため、「時計修理の千年堂」側からキャンセルされます。

メーカー以外の民間時計修理専門店への時計修理・オーバーホールの依頼の際に、気をつけなければならないことに「純正部品の確保」が問題となります。

一度でも社外部品の使用が行われた時計の修理・オーバーホールは、ほとんどのメーカーで対応を断られます。
ですので、時計修理での部品交換が発生した場合は、この「純正部品」の調達ルートを持っている時計修理専門店を選ぶ必要があります。また、そのような「純正部品」の調達が可能な時計修理専門店は、かなり優秀な時計修理専門店だということが分かるかと思います。

「時計修理の千年堂」への時計修理・オーバーホールの依頼を検討されているのであれば、一度そのメーカーが対応可能かどうかを確認されてみることをオススメします。もし、対応可能なメーカーであっても製品のモデルによっては対応できないという事もありますので、モデル名も一緒に確認された方が宜しいかと思います。

 

以下の記事では対応可能なメーカー、モデルについてを記載しております。合わせてご覧になってみてください。

 

終わりに

 

今回は、最近増加している「時計修理の千年堂」のキャンセルについて3つの理由をお伝えしました。最近は主に1つ目の納期などの相違により依頼者側から行われることが多くなっています。というのも、原則的に千年堂で対応できないような依頼の場合には千年堂から「無料の郵送パック」が送られてくることはありません。送られる前にキャンセルされることが多いようです。

折角、「時計修理の千年堂」に連絡され「無料見積もり」をされ「無料郵送パック」を送られても、今回ご紹介したような事柄でキャンセルとなってしまうのは、時間と共にその手間も無駄になってしまいます。ですので、千年堂への時計修理・オーバーホール依頼を検討されるような場合は、ぜひ当ページを参考にして頂き、少しでもキャンセルの頻度が減ってくれる事を願っております。

 

 

 

1件のコメント

  1. パネライ のルミノールGMTをオーバーホールに出そうと思っていますが、その際、GMT針を赤色に着色する(別の色付き針でも正しく動けば可)ことはできないですか?理由は、日中の視認がロレックスエクスプローラに比べ見にくいからです。

    太郎
    1. お問い合わせいただきありがとうございます。
      申し訳ありませんが千年堂では針の着色等についての対応は行っておりません。
      何卒ご理解いただければと思います。

      オーバーホールのみでしたら対応は可能です。
      御見積金額は現物を拝見させて頂いてからの判断となりますが、
      概算であれば、税抜34,000~40,000円前後かかります。
      また、パーツ交換が必要な場合は別途パーツ代金が上乗せされます。

      正式な御見積のご案内に約1~2週間ほど、修理に約4~5週間ほどの
      お時間を頂いております。
      もし、お申し込みいただける場合は日数に余裕を持ってお申し込みいただければと思います。
      どうぞ宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。