時計の機能や精度を保つために定期的なオーバーホールは欠かせない定期点検と言えます。時計は約300個の部品から成り立っていますが、時計部品には部品同士が噛み合って削れたり軋んだりしないように、また摩擦を減らして潤滑に動くように専用の油が塗られています。

この油はどうしても歳月とともに酸化していき、潤滑油としての機能が薄れてきます。例えどんなに潤滑に動いている場合でも金属同士が噛み合っていれば時間が経つにつれ、金属のカスや油の汚れなどが徐々に発生してくるでしょう。

このような状態でさらに使用を続けていると機械に大きな負担や抵抗力掛かってしまうため、部品の摩擦や消耗など大きなトラブルへ発展してしまう可能性があります。

オーバーホールはこのような古い油や金属カスの洗浄、摩擦や損傷のチェックや新しい油の再注油及び機能の計測チェックや精度の確認を行いますので定期的に行ってください。

定期点検やオーバーホールはいつ出せばいいの?とお悩みの方は以下の記事も合わせてご覧ください。
時計修理の千年堂が教えるオーバーホール時期の特徴的な症状!

 

時計修理の千年堂のユーザーの声

オーバーホールや時計修理のオススメは「時計修理の千年堂」ですが、ユーザーの生の声が伺えると少し身近に感じられるのではないでしょうか?
そう思い今回はユーザーの生の声をご紹介させていただきます。

動かなくなってしまったロレックスをメーカーの修理価格よりも安く修理できたとの事で満足の声をいただきました。
あなたの大切な時計の寿命を長く保つために定期的なオーバーホールを受けることはとても大切です。

 

こちらの方は父親の大切な形見のロレックスが動かなくなったとの事で修理のご連絡をいただきました。
修理後のクオリティや修理価格に満足をいただきました。

 

今回は実際に千年堂をご利用いただきましたユーザーの方からの声を紹介させていただきました。
千年堂への依頼を迷われている方に少しでも参考になれば嬉しく思います。

 

【時計修理の千年堂】無料見積もりを依頼する

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。