タグ・ホイヤーの修理・オーバーホールの依頼先の最もおすすめで安心なのが、タグ・ホイヤージャパンへのメーカー依頼だろうと思います。ですが、このタグ・ホイヤージャパンへの依頼の大きなデメリットが正規品と並行品との間の大きなメンテナンスにおける料金格差があります。

 

そして、タグ・ホイヤーの購入に関しては、正規品よりも並行品を購入されるタグ・ホイヤーユーザーが多いのが現状です。ですので、タグ・ホイヤーユーザーの修理・オーバーホールの依頼先の第一候補となるのがタグ・ホイヤージャパン以外の選択となるようです。

 

そこで問題となるのが、メーカー以外における修理・オーバーホール依頼でのデメリットではないかと思います.今回はタグ・ホイヤーにおけるメーカー以外への修理・オーバーホールの依頼でのデメリットや、注意することなどについてお伝えしてみようと思います。

 

タグ・ホイヤーのメーカー以外のデメリットはこの2つ!

タグ・ホイヤーのメンテナンス以外への修理・オーバーホール依頼におけるデメリットは次の2つがあげられます。

 

  • タグ・ホイヤーの修理実績
  • タグ・ホイヤー純正部品の調達

 

それでは、このメーカー以外への依頼における2つのデメリットについてみていきましょう。

 

修理実績

 

メーカー以外の時計修理店への依頼の場合には、タグ・ホイヤーに限らず機械式時計の修理・オーバーホールには、熟練の技と共に重要なのが、その時計に特化した時計技術者がその時計修理店に在籍しているのか?ということが最も大事ではないでしょうか。

 

このタグ・ホイヤーに特化した時計技術者という一点についてが、メーカー依頼における唯一の優位性があるのだろうと思います。したがって、タグ・ホイヤーに特化した時計技術者、さらにはタグ・ホイヤージャパン出身者の時計技術者の在籍があるのか?ということなどもメーカー以外の時計修理店選びの決め手の一つとなるのではないかと思います。

 

ですので、あなたがもしタグ・ホイヤーのメーカー以外の選択をされたのならば、タグ・ホイヤーの修理・オーバーホールの実績とともにタグ・ホイヤーに特化した時計技術者の有無を確かめてみることをおすすめします。

 

純正部品の調達

 

時計修理店の中には、タグ・ホイヤーの純正部品の調達もままならないのに安易に引き受けてしまいトラブルとなるケースが跡を絶ちません。

 

あなたのタグ・ホイヤーが、そういったトラブルに巻き込まれないためにも、その時計修理店が純正部品の調達先の確保があるのかを確かめることは大変重要なこととなります。

 

その時計修理店が、タグ・ホイヤーの部品調達先との取引があるのかどうかの確認は必ず行うこともおすすめしておきます。ここ最近の時計ブランド全般にいえることは、自社の時計部品はあまり外部へ出さなくなっていますので、純正部品の調達が難しい時計修理専門店が少なくないようですので注意して下さいね。

 

最後に

 

タグ・ホイヤー フォーミュラ1 ウォッチ TAG Heuerf1

タグ・ホイヤーは、そのデザイン性が大きな魅力となって大変多くの時計好きから支持されているブランドですよね。しかし、このタグ・ホイヤーは、その購入先でメンテナンスの差別化を図っている時計ブランドの1つでもあります。

 

同じ時計であるのに、並行品と正規品とではその扱いが異なるようです。このようなことは、ロレックスやオメガではありません。ですので、タグ・ホイヤーのメンテナンスにおけるメーカー依頼に疑問を感じられるような方は、優秀なタグ・ホイヤーに特化した時計技術者を見つける必要があるようです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。