あなたの大切な時計に修理もしくはオーバーホールの必要性を感じた時、思い浮かぶ時計修理の依頼先として真っ先に思い浮かぶのはその時計を購入された時計販売店だと思います。

 

しかし、海外で購入したために販売店に依頼するのが難しい、販売店やメーカーで依頼すると費用が高いために他の安い修理店を探したい・・・そのような理由で「時計修理の千年堂」に依頼をされる方も多くいらっしゃいます。
では、依頼をされる方は具体的にどのような症状が出ているのでしょうか?

 

時計が完全に止まってしまった場合は迷うことなく修理となるでしょうが、「時計修理の千年堂」に持ち込まれる腕時計には完全な修理が必要な時計だけではなく、その他にも様々な症状を起こした時計の依頼が多く寄せられます。

 

そこで今回は、「時計修理の千年堂」における修理・オーバーホールに持ち込まれる症状トップ3を紹介してみようと思います。このような症状が出た場合に修理やオーバーホールをすべきという事を参考にしてみてください。

 

時計修理の千年堂に持ち込まれる主な症状トップ3

 

 

 

1. 一日に数分遅れる

オーバーホールに出される方のほとんどの方に共通する依頼理由のトップですね。自動巻き時計などが遅れ始める原因のほとんどはムーブメントに注油してある油の劣化が原因によるものです。

 
このような症状が出てきたらオーバーホールの時期と考えましょう。「時計修理の千年堂」に持ち込まれる時計のオーバーホールはほとんどがこの状態ですが、オーバーホールを行うことで遅れる事は無くなります。

 

2. 一日に数時間も進んでしまう

こういった症状の時計も依頼されることが多くあります。これは外部からの強い衝撃でヒゲゼンマイが変形したことが考えられます。時計を高い所から落としてしまったりすると起こる事が多いようですね。修理が必要となり、症状によってはパーツ交換が必要となります。

 

3. 時計がすぐに止まる、持続時間が短い

腕から時計を外すと数時間で時計が止まってしまうような症状の場合の修理・オーバーホールの依頼は多いです。このような場合は、自動巻き機構の歯車の摩耗による原因が考えられます。オーバーホールはもちろんの事、歯車が摩耗している場合はパーツ交換が必要になります。

 
その他にも朝方になると時計が止まってしまうという症状もあります。これはムーブメントの油が劣化によって寒い朝方になると本来の働きをしないために起こる症状です。腕に着けると動きだしますが、同じように朝方になるとまた止まってしまうといった事が起こります。早急にオーバーホールの依頼を検討しましょう。

 

最後に

年間30,000本以上の修理・オーバーホールの依頼が寄せられる「時計修理の千年堂」ですが、完全に止まってしまった時計以外では今回紹介しました症状によるものが多くを占めています。

 

高価でお気に入りの腕時計を末永く大切に使っていくには、やはり定期的な点検は欠かせません。海外で購入した時計のために販売店に依頼するのが難しかったり、販売店やメーカーに依頼すると高くついてしまう場合、「時計修理の千年堂」はメーカーの修理価格よりも安く、技術的にもとても頼りになる時計修理専門店として大変おすすめです。

 

今現在、あなたが時計修理・オーバーホールを検討されているようならば、「時計修理の千年堂」に無料の御見積を依頼してみましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。