時計修理の千年堂に持ち込まれる多くの時計は、オーバーホールでの依頼がそのほとんどを占めています。ですが、オーバーホールを伴わない時計修理や外装関係の修理依頼も時折見受けられるようです。

 

そこで今回は、そんな時計修理とオーバーホールの違いや、「時計修理の千年堂」における時計修理のみの対応がどうなっているのかについてお伝えしていきます。

 

時計修理とオーバーホールの違いは部位品交換の有無

 

 

時計修理とオーバーホールの大きな違いは、部品の交換を伴うか伴わないかの違いとなります。オーバーホールとは、時計の部品1つ1つまで分解をして、洗浄・組み立て・注油を行って時計本来の精度を取り戻すことがその大きな目的となっています。

 

一方の時計修理は、部品が不具合を起こしたり、破損またはその機能を著しく低下させる部品を交換することで、本来の働きを回復させることにあります。ですので、時計修理は部品の交換が前提の時計メンテナンスとなります。

 

この部品交換の必要性を極力避けるためにも、定期的なオーバーホールを行うことが、最もその時計のコンディションを保ち続ける最良の方法となるようです。

 

時計修理の千年堂での修理のみの対応は?

 

時計修理とオーバーホールを行う上での共通する事は、その時計の分解と組み立てにありますね。時計修理のみであろうと、分解と組み立てを行なわなければなりません。メーカーなどでは、時計の修理のみの対応もしてもらえるようですが、「時計修理の千年堂」では修理のみでの対応は行っていないようです。

 

というのも、時計修理の千年堂はメーカーと同等以上の対応で、また尚且つリーズナブルな価格でとてもユーザーからの評判も良い時計修理専門店となっています。

 

ですので、そのリーズナブルな価格を維持するためにも、オーバーホールを伴わない時計修理のみの引受は行っていません。修理のみでの千年堂への無料見積もりは引き受けてもらえない上に、着払いでの送料の負担をしなければならないために おすすめできませんので注意して下さい。

 

最後に

 

 

今回は、時計の修理のみでの時計修理の千年堂の対応についてお伝えしてみましたが参考になったでしょうか。時計の修理は、必ず部品交換が必要ですが、その部品交換が必要になるにはそれなりの原因があるものです。

 

その多くの原因は、潤滑油の劣化にともなって部品1つ1つの負担が増すことがその大きな原因の一つになります。ですので、部品交換を伴う時計修理を検討されているのなら、同時のオーバーホールがおすすめですし、またその時期なのかもしれませんよ。

 

【時計修理の千年堂】無料見積もりを依頼する

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。